ミラーレス一眼って?

カメラ専門店や、家電量販店のカメラ売り場へ行くと「ミラーレス一眼」という表記をよく見かけるのではないでしょうか?

これは本格的な撮影を楽しむことのできるデジタル一眼レフと、いつでも手軽に持ち運んで撮影を楽しむことのできるコンパクトデジタルカメラの両方のメリットを持ったカメラを指します。これから写真撮影を始める初心者にもおすすめすることのできる便利なカメラですので、しっかりとチェックしておきましょう。

デジタルのメリットを最大限に活かす

一眼レフは、レンズを通して撮影されるものをそのままファインダーから見ることができます。このメリットを活かすことによって自由にレンズを交換し、望遠やマクロといった一般的な効果から、広角や魚眼などのさまざまなスタイルの写真を撮影することができます。好みのレンズを選ぶことによって、細かいニュアンスなどを表現することも可能です。

しかし、デジタルカメラが登場したことによって、光学的な仕組みを持たなくても、電子モニターで撮影されるものをそのまま見ることが可能となりました。つまり、コンパクトなサイズで一眼レフと同様の機能を持つカメラを作ることができるようになったということです。

従来の一眼レフの欠点はやはり、その大きさでした。技術が進歩したことによってある程度のコンパクト化には成功しましたが、光学的な構造部に関してはある程度のスペースを確保しなければならないため、限界がありました。

しかし、デジタル技術を使うことによって、この光学的な構造部そのものを省略してしまうことに成功しました。コンパクトなサイズでありながら、一眼レフのメリットであるレンズ交換によるさまざまな写真の撮影も可能。そんな夢のようなカメラがミラーレス一眼です。

多くの機種が登場

このミラーレス一眼の元祖といえば、やはりオリンパスのPENシリーズでしょう。この画期的なスタイルのカメラの登場に、多くのユーザーが飛びつき、大ヒット商品となりました。

PENシリーズの成功を受けて、パナソニックのルミックスシリーズ、キャノンのEOS-Mシリーズなど、ある意味ジェネリック的な商品も多く登場しました。そして、この中からも多くのヒット商品が生まれ、今やミラーレス一眼は、コンパクトデジタルカメラ、デジタル一眼レフに次ぐ第3のジャンルのカメラとして定番化しています。

ジェネリック医薬品と同様に、先行してヒットしたものが後発メーカーからより安く提供される。競争が激しいからこそメーカーには大変でしょうが、私たち消費者にとっては大きな恩恵があります。

市場に出ているカメラには、初心者向けの簡単操作を売りとしているモデルから、上級者向けのマニュアル撮影に特化したモデルまで登場していますので、自分に合ったカメラを見つけることができるはずです。


ミラーレス一眼の登場によって、本格的な写真撮影がより身近なものとなりました。あまり体力のない人であっても十分に持ち歩くことのできり重量ですし、気軽にバッグに入れることのできるサイズですので、女性やお年寄りなどの一眼ユーザーを大幅に増やすことにも成功しました。 これから写真撮影を始めるのであれば、このミラーレス一眼も候補に入れておきましょう。きっと、良い相棒になってくれることでしょう。

注目記事

  • ちょっと遊び心を持ったトイカメラ。プラスティックのボディのチープなトイカメラが近年、密かに人気を集めています…

    魅惑のトイカメラ

  • プロ向けのカメラのデジタル一眼レフ。特殊な技術を必要としませんので初心者でも難なく使いこなすことができるようになって…

    誰でも使えるデジタル一眼

  • カメラの世界で、現在主流となっているのがコンパクトデジタルカメラ、通称コンデジです。カメラの世界で、現在主流となってい.…

    コンデジの魅力