沖縄で水中撮影をしよう!

南国でのバカンスの際、人気のアクティビティがスキューバダイビングです。アクティブでアウトドア派な写真好きの方であれば、澄み切った青い海の中で目の前の海洋生物たちを写真に収めない手はありません。水中撮影は機材さえ揃えば地上での撮影となんら変わりはありません。今回ははじめての水中撮影に必要となるカメラ選びと、国内ダイビングの聖地「沖縄」ついてお話しします

まずは準備!防水カメラ選び

当然ですが、水中には通常のカメラは持ち込めません。防水の物を使うか、「ハウジング」と呼ばれるケースを使うことになります。

ダイビングといったマリンスポーツを楽しむのであれば、カメラ選びのポイントは防水性です。一口に防水カメラといってもその防水性はピンからキリまで。具体的には水深何メートルまで耐えられるのかが重要になります。言い換えれば自分の目的にあった防水性を持つカメラが手に入ればいいのです。防水性の仕様はカメラのWEBページ等に明記してありますので調べてみるといいでしょう。

本体性能以上の防水性を求めるのであれば、ハウジングが必要になります。ハウジングはカメラのモデルに応じた純正のものが用意されているので、そちらを購入してください。間違ったハウジングだと当然カメラに合いませんので注意が必要です。

もし、写真よりも動画の撮影を想定しているのであれば「ウェアラブルカメラ」といったものもあります。その名の通り体の一部に装着するカメラですが、撮影中に手で操作する必要がないので煩わしさが無くなり泳ぎやすくなります。頭に装着すれば自分が見ている視点からの映像そのままをカメラに収める事もできます。まさにマリンスポートのためのカメラと言えるでしょう。ウェアラブルカメラにも防水のものとそうでないものがありますので注意して下さい。

防水性以外では、F値、画素など通常のカメラ選びのようなポイントでお選びください。近年は防水カメラでもハイエンドなものがリリースされていますのでいいものが見つからなくて困るといったことはないでしょう。

ダイビングスポットの王様「沖縄」

国内で水中撮影がしたければ沖縄に行けばまず間違いはありません。特にその島々は数多くのダイバーたちを惹きつけて止みません。代表的なスポットをご紹介します。

まずは、石垣島。アクセスもよく、旅行者たちに大変人気です。サンゴや海の美しさはもちろんのこと、石垣の魅力はマンタなどの大きめの海洋生物でしょう。目の前の巨大なマンタは撮影しがいがあるというものです。石垣島でマンタに会いたければ、秋ごろがベストなようです。

沖縄本島、真栄田岬の「青の洞窟」も大人気スポットのひとつです。ダイバーを出迎えるニモの魚群などは最高の被写体でしょう。本島は各地から飛行機のみで行けるアクセスのよさも魅力です。

雑誌で見るような水中写真は夢のように感じるかもしれません。しかし、近年では機材もリーズナブルになってきており手軽に始めれるようになっています。そして日本には幸運にも最高のダイビングスポット沖縄があるのです。今年の長期休暇はカメラを持って沖縄に行き、水中撮影に挑戦してみましょう。

注目記事

  • ちょっと遊び心を持ったトイカメラ。プラスティックのボディのチープなトイカメラが近年、密かに人気を集めています…

    魅惑のトイカメラ

  • プロ向けのカメラのデジタル一眼レフ。特殊な技術を必要としませんので初心者でも難なく使いこなすことができるようになって…

    誰でも使えるデジタル一眼

  • カメラの世界で、現在主流となっているのがコンパクトデジタルカメラ、通称コンデジです。カメラの世界で、現在主流となってい.…

    コンデジの魅力