カメラと一緒に揃えたい!三脚の選び方

一眼レフカメラをフリーハンドで構えてシャッターを切る。みなさんが憧れるカメラの使い方とはやはりこれではないでしょうか?確かにフリーハンドは、突然のシャッターチャンスや動き回る被写体に対しては非常に有効な手段です。しかし、風景などを撮影するのであればやはり三脚がオススメです。

三脚の主な役割は、ブレを抑えることです。人の手はどんなにスキルが高くてもある程度揺れてしまうもの。シャッター速度が長ければ余計に影響が出てしまうでしょう。三脚は地面にしっかりと直立していますから、手のようにブレる心配がありません。

また、ご自身を含めた集合写真などを撮影する際にも便利です。カメラを三脚に設置し、タイマー機能を使えば素敵な家族写真などを撮影することができるでしょう。

素材で選ぶ三脚

三脚を選ぶ際に注意したいのがまず素材です。一般的にはアルミのものが安価で手に入りやすいと言えます。普及もしていますから、小型なものから大型のものまで、用途に応じて好きなものを選びましょう。

もうひとつの素材はカーボンです。丈夫で軽量というのがウリなので、登山時などに持ち運びたい人には最適でしょう。ただしどうしてもお値段はアルミに比べて高めとなります。さらに、軽量であるが故に安定感に欠けてしまうといったデメリットもあるので注意が必要です。

ミニ~大型まで!三脚の種類と特徴

素材以外で注目すべきは三脚の種類です。はじめにご紹介するのは卓上型のミニ三脚です。持ち運びにも困らず、場所も取らないので非常に便利です。主に料理の写真などを撮影されるのに使われます。ただし、100 円で売られているようなものに関しては、作りが甘く、転倒の可能性もあるのであまりオススメはできません。

次に初心者向けの軽量・コンパクトな三脚です。数千円で購入ができますので、カメラをはじめたばかりの人には最適です。カメラとセットで付いてくる場合もあります。ただし、あまりに安価なものは脚を最大まで伸ばすと不安定になってしまうかもしれません。ちょっとした撮影には十分ですが、本格的に使用する場合は控えた方が良いでしょう。

最後が中~上級車向けの中・大型三脚です。風などが吹いても倒れない安定感を持っていますので、夜景や花火といったシャッター速度が長い撮影にも使えます。ただし、どうしても重量があるのと高価であることから、あまり初心者にはオススメできません。撮影に大分慣れてから、ご自身に合ったものをチョイスすると良いでしょう。

一口に三脚と言ってもさまざまなものがあります。取り扱い安いコンパクト型をひとつ持つのも良いですし、さまざまなシチュエーションに対応できるよう、各種をそろえておくのも良いでしょう。ご自身がしたい撮影にぴったりな物を選んで、素敵な写真を撮ってください。

注目記事

  • ちょっと遊び心を持ったトイカメラ。プラスティックのボディのチープなトイカメラが近年、密かに人気を集めています…

    魅惑のトイカメラ

  • プロ向けのカメラのデジタル一眼レフ。特殊な技術を必要としませんので初心者でも難なく使いこなすことができるようになって…

    誰でも使えるデジタル一眼

  • カメラの世界で、現在主流となっているのがコンパクトデジタルカメラ、通称コンデジです。カメラの世界で、現在主流となってい.…

    コンデジの魅力