SNSを利用すればもっと楽しい!

撮影した写真を自分や家族だけで楽しむのも良いですが、せっかくならたくさんの人に見てもらいましょう。最近ではインターネット上に作品を公開できるSNSがたくさんあります。これらを利用すれば、会ったこともない人から「いいね!」と言ってもらえることも。ご自身の写真を世界中に公開してみませんか?

写真共有SNSで、世界中に自分の作品を発信

大人気の写真共有サービスと言えばFlickrやInstagramが有名です。世界中の人々が自分で撮影した作品を投稿しています。「こんなハイレベルな写真ばかりのところに、自分なんかの作品を載せるのは気が引ける」という方もいるでしょうが、そんなことは気にしなくてOK。Flickrには毎日毎秒、本当に多くの写真がアップされます。その全てがハイクオリティーなわけではありません。中には、携帯カメラでなんとなく撮った写真を公開するユーザーもいます。

大切なのは、とにかく自分の写真を誰かに見てもらう、ということです。公開することを意識していれば、普段の撮影にも気合いが入るというもの。さらにコメントなどがつけば、今後のモチベーションにも繋がるでしょう。

もちろん、家族や友人とのプライベート写真はあまり広く公開したくない、という場合もあるでしょう。こうした際には、限定公開機能を使います。限られたアカウントの人しか参照することができませんので安心です。また、この機能を使えば、グループで行った旅行中の写真をみんなでシェアすることもできます。正しい用途で使えば、非常に便利な機能と言えるでしょう。

一般的になった「写真をシェアする」ということ

お手軽に使うならTwitterやFacebookなどのSNSもオススメです。Flickrに比べると写真がメインではありませんが、より多くの人たちとコミュニケーションをはかるにはこちらの方が適している場合も多いでしょう。特にTwitterは拡散率が高いので、本当に良い写真であれば多くの人に見て貰える可能性があります。ちなみにFacebookにはアルバム機能もありますので、Flickrライクな使い方も可能です。

この他にも、TumblerやGoogle+など、写真をアップできるSNSは非常に多いと言えます。むしろ、写真がアップできなければSNSとしては低機能であるとも言えるでしょう。それくらい、写真をネット上に公開するというのは一般的になってきているのです。

撮影技術というのは誰かに見られることでより上達するものです。評価されればそれだけやる気も出てきますので、長くカメラを趣味として楽しめるでしょう。もちろん、ご自身だけで楽しむのも間違いではありませんが、インターネットがここまで発達している今だからこそできるカメラの楽しみ方とも言えます。SNSを利用して、たくさんの人たちにご自身の作品を見てもらってください。

注目記事

  • ちょっと遊び心を持ったトイカメラ。プラスティックのボディのチープなトイカメラが近年、密かに人気を集めています…

    魅惑のトイカメラ

  • プロ向けのカメラのデジタル一眼レフ。特殊な技術を必要としませんので初心者でも難なく使いこなすことができるようになって…

    誰でも使えるデジタル一眼

  • カメラの世界で、現在主流となっているのがコンパクトデジタルカメラ、通称コンデジです。カメラの世界で、現在主流となってい.…

    コンデジの魅力