シャイなあなたでも安心!?カメラ撮影が生み出す出会いとは

日本人の男性にはシャイでインドア派の人が増えたといわれており、なかなか女性に声をかけられない…そう悩みを抱えている人は多いです。ただ、声をかけたくないわけではなく、「どんな風に話しかけて良いかがわからない…」という人のほうが多いでしょう。

実は話しかける話題作りとして、カメラが役立つことが多いのは知っていましたか?もちろん最終的には持ち主次第ですが、写真撮影を趣味とした結果、以前よりも社交的になったという意見は多いです。どのようにして撮影と出会いが関係するのか、確認していきます。

ぱっと見でもわかるカメラという趣味

カメラでの撮影といえば、スマホカメラを使う人も最近は多いですね。ですが、スマホで写真を撮っていると、見た目のイメージとしてカメラが趣味とは捉えにくいのです。「見た目がそんなに大事?」と疑問に思うかもしれませんが、印象というのは大切です。

しかし、ここでカメラをきちんと所有して撮影していると、どうでしょうか?現代ではスマホが普及してカメラをわざわざ買うという人が減ったことで、カメラを持つ人は逆に「写真撮影が好きなんだなぁ」と一目でわかるようになりました。

スマホだと単なるナンパの口実に思われそうですが、カメラの場合はより専門的にみえるので、女性は下心を警戒しにくくなるのです。

被写体モデルをお願いすることで始まる出会い

それなりのカメラを持ち歩いて、気になる女性をみかけたら、被写体モデルをお願いしてみましょう。なお、無許可で撮影するというのは論外なので、勇気を出してちゃんと尋ねるのが大切です。

女性で撮影を頼まれるというのは、控えめにみても「あなたの容姿が綺麗だから」と伝わりますよね?なので女性側もノリが良い場合、結構期待ができるのです。

ただ、最近は簡単にインターネットにアップロードができるという都合上、女性側も警戒している場合があります。こうしたカメラ撮影を出会いの起点として利用したいのなら、あくまで個人的な利用であることを紳士的に伝え、断られたらすんなり引き下がるのも重要となるでしょう。

撮影から始まる交際を夢見るなら注意すること

そして写真撮影の許可が下りた場合、撮影したら終わりでは物足りませんよね?撮影した写真を一緒に確認したり、後日相手にも送るためにメールアドレスを聞いたりして、この一期一会の出会いを無にしないようにしましょう。

現に、カメラ撮影が趣味だったおかげで出会えたという報告は、ネット上などにもたくさん存在しています。相手が積極的ならより早く進展することもありますので、今まで交際経験がなかったという場合、早めに男女の関係になったときのことを考えておきましょう。

そうなると意外と不安なのが、EDと呼ばれる勃起不全です。これは精神的な不安…つまり今まで女性と付き合ったことがない自信のなさからも起きることがあり、本番で発生すると非常に気まずいです。

それを回避するためには、事前に専用のクリニックに向かってバイアグラを処方してもらいましょう。ジェネリックタイプなら値段も手頃なので、今まで利用したことがなくても、金銭的な抵抗感が少なくて済みますね。

もちろん、女性との出会いを夢見るだけにカメラを使うのではなく、普段から撮影を楽しんでカメラを好きになっておかないと、声をかけるときにボロが出るので気をつけてくださいね。

注目記事

  • ちょっと遊び心を持ったトイカメラ。プラスティックのボディのチープなトイカメラが近年、密かに人気を集めています…

    魅惑のトイカメラ

  • プロ向けのカメラのデジタル一眼レフ。特殊な技術を必要としませんので初心者でも難なく使いこなすことができるようになって…

    誰でも使えるデジタル一眼

  • カメラの世界で、現在主流となっているのがコンパクトデジタルカメラ、通称コンデジです。カメラの世界で、現在主流となってい.…

    コンデジの魅力