思い出をより正確に残そう!写真保存を助けるアプリとは?

スマホのカメラ優秀なのには、単純に画質が優れているという意味合いもあるでしょう。ですが、携帯電話の機能の1つでしかないカメラがここまで評価された理由としては、『アプリケーションとの連携』が欠かせないでしょう。

スマホにはさまざまなアプリが搭載可能で、その中にはデジカメなどとは違った楽しみを体験できるものがあります。今回は『写真と思い出の保存を助けるアプリ』について、いくつか紹介いたします。

旅行で写真撮影をたくさんする人に注目の機能とは?

写真をたくさん撮る機会といえば、どんな場合を想像しますか?やはり旅行をしたときなどは、普段はみることができない景色をたくさん撮影すると思います。

しかし、ただ単に撮影しただけだと、後で見返したときに「あれ?これってどこだったっけ?」と首をかしげることになりますよね?そんな旅行の記録を思い出と一緒に保存するなら、地図との連携が可能なアプリを利用しましょう。

旅先の情報を地図上で保管しよう!

例えばiPhoneの場合、『ジオメモ』というアプリはなかなかおすすめでしょう。このアプリは地図上にピンを立てておき、その場所に関する情報を保存することができます。

座標や施設名などだけでなく、写真も一緒に登録できるのがポイントです。その場で目立つ景色を撮影し、ピンと一緒に保存しておきましょう。すると、写真と位置の情報が一緒に残るので、どこに旅行したかがすぐにわかりますね。

このように、地図と写真を組み合わせられるアプリは、思い出保存に非常に有効なので、旅行が趣味なら有効活用してみましょう。

GPSをフル活用!位置情報を活かした保存方法について

続いて、GPSを利用した写真と場所の保存を行ってみましょう。写真に位置情報を埋め込むだけでもよいですが、旅行の足跡も一緒に保存する場合、『ポケット旅行記』が便利です。

このアプリは、一度起動するとGPSから位置情報を割り出し、移動記録などを地図上に残してくれます。また、撮影した写真も地図上に表示することができますので、写真の保管も同時に行えるのに注目しましょう。

移動ルートの記録に加えて、風景も写真として残せるのですから、「自分がどこに移動してどんな景色をみたのか」というのが一目瞭然となります。地図上に旅行記録が残るということで、あらゆる地方の記録を目的とするのも悪くないですね。

デジカメとの併用も便利です!

スマホ単体で写真を撮影し、場所も1つの端末で記録するというのもよいですが、敢えてデジカメを併用するという手もあります。

例えば『目的地の写真と位置はスマホアプリ』に保存しつつ、『道中の写真はデジカメで綺麗に撮る』という風に分けると、より高画質の写真を残しながらも旅行記録までつけることができますね。

また、スマホのカメラはかなり処理能力を使うせいか、連続して大量の写真を撮影していると、かなりバッテリーを消耗します。電池の節約という観点からみても、使い分けというのは有効なのです。

スマホで撮影するだけでも、デジカメで撮影するだけでも、双方の利点は得られません。どちらかしか使わないのではなく、どちらも利用して写真も旅行記録もしっかりと残してみではいかがでしょうか?

注目記事

  • ちょっと遊び心を持ったトイカメラ。プラスティックのボディのチープなトイカメラが近年、密かに人気を集めています…

    魅惑のトイカメラ

  • プロ向けのカメラのデジタル一眼レフ。特殊な技術を必要としませんので初心者でも難なく使いこなすことができるようになって…

    誰でも使えるデジタル一眼

  • カメラの世界で、現在主流となっているのがコンパクトデジタルカメラ、通称コンデジです。カメラの世界で、現在主流となってい.…

    コンデジの魅力