彼女をよりきれいに取る方法は?

旅行先やちょっとしたドライブをお付き合いしてる彼女と楽しんでいる時の思い出を残したいですよね。それならよりきれいに彼女を撮ってあげたいと思いませんか?そこで人物撮影をうまく行うポイントをご説明します。

背景をぼかしてみよう

人物写真を取る時にオススメしたいのが背景をぼかすこと。よく雑誌のモデルさんが町中で撮影されたものもこういったぼかしが入っています。このぼかしのオススメしたい理由は何と言っても撮りたい対象をはっきりとさせることができる点です。人物などを撮りたい場合には必須の撮影方法になります。

やり方はカメラにもよりますが性能の良いものであれば絞り優先にしてF値を小さくすればいいです。このF値を小さくすれば撮影対象とその背景のピントの合い具合を調節することができます。撮影対象に近づくことでも背景をぼかすことが出来ます。もちろんバックに入れたい建物などがある場合には逆のことを行えば大丈夫です。

ただし、このF値の操作はデジタル一眼レフやミラーレス一眼のような本格的なカメラでないと出来ない場合があるかF値を大きく変更できない事が多いです。そういう場合にはカメラのモードなどでぼかしをつけて上げましょう。スマートフォンのカメラの場合も同様に出来ない機種もありますのでその際にはアプリの加増加工で対応できます。

構図をうまく使おう

人物撮影を行う時にも構図は大事です。一般的多いのがカメラを覗いた時に真ん中に人物が来る構図です。これは日の丸構図と言うもので縦横を十字に割ったその中心に撮りたい対象を持ってくる構図になります。ただしこれはよく使われる一般的なものという見方も出来ます。

そのためにおすすめしたいのが三分割法です。これは縦横3つに分割しそのラインの何処かに撮影対象や背景の線を持ってくる方法で、画面の1/3を人物にして残りを背景や人物以外の何かにすると言った方法で出来ます。比較的簡単に構図の取れる方法なので構図に困った時には試してみてください。

この他にも構図を取る上で特に重要なのは水平を取ること。人物や背景のわかりやすいラインを真っ直ぐに揃えればきれいな写真を撮る事ができます

明るさは人物撮影で重要

駅前にあるような証明写真を撮ったことがある人はわかると思いますが、人物写真を取る上で光は重要です。光の量や向きで対象の肌の色や雰囲気は大きく変わります。つまり光の量や天気の状態に応じて撮影方法や撮影場所は変えたほうがいいということになります。

現在のカメラでしたら天気の状態や周囲の明るさに応じて調節してくれるので心配ならオートにしておくほうが無難ですが、太陽の向きなどの状況によっては限界があります。特に光が向かってくる逆光だと撮影対象に影が出来て暗くなってしまい、順光では光が対象に向かうので顔が光りすぎて白くなる、影がない平面な写真になります。このため光の向きから少しずれるようにして撮影するといいでしょう。

女性をきれいに撮ってあげることはお付き合いの上でもメリットになることでしょう。お付き合いがうまく行けば夜のお楽しみも増えるはずです。そんな時にはバイアグラなどのお薬の準備をしましょう。ジェネリック医薬品としても販売しているのでお手軽に購入できます。

写真はお付き合いの上でも重要な魅力につながるはずです。ぜひ旅行やちょっとしたお出かけでぜひ写真撮影を楽しみましょう。

注目記事

  • ちょっと遊び心を持ったトイカメラ。プラスティックのボディのチープなトイカメラが近年、密かに人気を集めています…

    魅惑のトイカメラ

  • プロ向けのカメラのデジタル一眼レフ。特殊な技術を必要としませんので初心者でも難なく使いこなすことができるようになって…

    誰でも使えるデジタル一眼

  • カメラの世界で、現在主流となっているのがコンパクトデジタルカメラ、通称コンデジです。カメラの世界で、現在主流となってい.…

    コンデジの魅力