応用撮影モードでネクストステップへ!

全自動やシーン別簡単撮影モードに慣れてきたら、今度はより本格的な応用撮影モードにチャレンジしてみましょう。いろいろな設定がありますから、はじめは「難しそう」と思ってしまうかも知れません。しかし、デジタルカメラのメリットはなんと言っても「取り直しが何回でもできること」です。試行錯誤を繰り返し、それぞれの設定をマスターしてください。

プログラムAEモード

マニュアルモードの入門に最適なのがプログラムAEモードです。ポイントは、絞りとシャッター速度をカメラが自動で設定してくれるところでしょう。絞りを間違えば画面が真っ暗、もしくは真っ白になってしまいます。シャッター速度も、ブレのない写真を撮るためには大切な要素のひとつです。

こうした難しい設定はカメラに任せ、ISO感度とホワイトバランス、AF機能などを自分で設定できるのがプログラムAEモードです。ISO感度は写真の画質を、ホワイトバランスは色味を調整します。AF機能はピントを自動で合わせるか、自分で合わせるかの切り替えですね。全自動モードに慣れてきたら、こうした細かい設定をいろいろ試しながら、自分好みの写真を撮影できるよう勉強していきましょう。

絞り優先モード

カメラの中級~上級者が普段撮りの際に最もよく利用しているのが絞り優先モードです。先ほどのプログラムAEモードに加え、今度は絞りを自分で調整できるようになります。絞りは背景をぼかし、被写体を際立たせるために非常に重要な設定です。これさえマスターすれば、本格的な作品創りも可能になりでしょう。

このモードでは、絞り以外の設定であるシャッター速度はカメラが自動で設定してくれます。そのため、露出による失敗も防げて非常に便利。シャッター速度以外の設定をしっかり設定したら、あとは構図を決めてとにかくシャッターを切りまくりましょう!

シャッター速度優先モード

先ほどの絞り優先モードのまったく逆に位置するのがこのシャッター速度優先モードです。先ほどは露出について自動化を行いましたが、今度は絞り値についてカメラが自動で設定してくれます。

このモードは動きのあるものを撮影する際に非常に便利です。例えば電車や自転車、ペットや野鳥など、一定の位置にとどまってくれない被写体に対してはシャッター速度を速く設定しましょう。逆に滝などを撮影する際にシャッター速度を遅くすれば、流水の部分が線のように表れ、幻想的な写真に仕上げることができます。

応用撮影モードさえ覚えれば、もう立派なカメラマンと言えます。時と場合に応じて、最適な設定をすぐに切り替え、良い写真をたくさん撮ってください。さらに上達を望まれる方は、マニュアル撮影モードにも挑戦しましょう。

注目記事

  • ちょっと遊び心を持ったトイカメラ。プラスティックのボディのチープなトイカメラが近年、密かに人気を集めています…

    魅惑のトイカメラ

  • プロ向けのカメラのデジタル一眼レフ。特殊な技術を必要としませんので初心者でも難なく使いこなすことができるようになって…

    誰でも使えるデジタル一眼

  • カメラの世界で、現在主流となっているのがコンパクトデジタルカメラ、通称コンデジです。カメラの世界で、現在主流となってい.…

    コンデジの魅力