スマートフォンのカメラじゃ満足できない!

スマートフォンのカメラの機能は年々新機種が出るたびに良くなっていますがやはり本格的なカメラと比べるとできることに限界があります。そんなスマートフォンのカメラに満足できないユーザーにおすすめしたいのがレンズスタイルカメラです。

レンズスタイルカメラとは?

レンズスタイルカメラは実に独特な外見をしています。なんと通常のカメラのレンズ部分だけという見た目なのですがなんと独立したカメラになっているのです。この状態でも撮影ができるという代物ですが実はその真価はスマートフォンと合わせて利用することで発揮します。

このカメラはスマートフォンと接続することでスマートフォンの画面をディスプレイにすることが出来、撮った写真をスマートフォンの中に保存できるのです。つまりスマートフォンのカメラには無い高画質と望遠機能などをスマートフォンのカメラとして利用できるのです。接続方法は機種によって違いはありますが基本はWi-Fiで行います。この他BluetoothやNFCと言った機能で接続する子も可能です。ではどのような商品があるのでしょうか?

ソニー

このレンズスタイルカメラの多くはXperiaのスマートフォンを販売しているソニーが作っています。大きく分けて二種類あり、DSC-QXシリースの100、30、10の3つにILCE-QX1があります。基本的な仕様は同じで有効画素数は最も大きいものではQX30の2040万画素数で光学30倍ズームも搭載しています。QX100は画素数やズームの倍率では一歩下がりますがF1.8レンズ搭載でセンサーの性能もいいので画質に関してはこちらが上です。

QX10は性能的には全体的に劣りますが、よりリーズナブルな値段で購入出来ます。ILCE-QX1はこれらと違い、レンズ交換が出来るという機能があり、機能をより拡張することが出来ます。別機種のスマートフォンでも利用は出来ますがソニーのXperiaをもってる人のにはおすすめです。

オリンパス

ソニー以外でレンズスタイルカメラを作っているのがオリンパスのAIR A01です。オリンパスでの名称はオープンプラットフォームカメラです。こちらはソニーのQX1と同じくレンズ交換のできるモデルになっています。アプリが豊富で全部で8つのアプリで写真撮影を楽しむことも出来ます。センサーが大型なので画質もよく出来ています。また、基本的にどのようなスマホでも利用可のです。

レンズスタイルカメラのメリット・デメリット

このレンズスタイルのカメラのメリットは何と言ってもスマートフォンを本格的なカメラにすることが出来るのが特徴です。そのため撮った写真はそのまま保存でき、Facebookなどに保存が出来ます。かなりコンパクトに出来ているため普通のカメラのようにかさばりませんし、カメラとスマートフォンを別々にすることが出来ますのでカメラを高い位置に、スマホを低い位置にすると言ったことも可能です。

デメリットとしてはスマートフォンで利用する時の接続に手間がかかることです。先程も言ったように基本Wi-Fiで接続することになりますのですぐに使いたい時の対応が難しいという点があります。ただしカメラ単体での撮影も可能です。

レンズスタイルカメラはその独特な家言うから使うのに若干慣れがいるかもしれませんがスマートフォンの写真撮影の幅を大きく広げることできます。対応する機種があるのでしたらぜひ使ってみてはいかがでしょうか?

注目記事

  • ちょっと遊び心を持ったトイカメラ。プラスティックのボディのチープなトイカメラが近年、密かに人気を集めています…

    魅惑のトイカメラ

  • プロ向けのカメラのデジタル一眼レフ。特殊な技術を必要としませんので初心者でも難なく使いこなすことができるようになって…

    誰でも使えるデジタル一眼

  • カメラの世界で、現在主流となっているのがコンパクトデジタルカメラ、通称コンデジです。カメラの世界で、現在主流となってい.…

    コンデジの魅力