フィルムカメラとデジタルカメラ

カメラと一口で言ってもさまざまな種類のものが存在しています。一台に絞っても良いですが、用途によって使い分けることができればもっとカメラという趣味を楽しむことができるでしょう。

基本的に、カメラは大きく分けて2種類のものが存在します。それがフィルムカメラとデジタルカメラです。その名の通り、フィルムカメラはレンズを通して専用フィルムに画像を焼き付けるタイプのもので、デジタルカメラはセンサーでその画像をデジタルデータで保存するものです。 最近ではデジタルカメラが主流になっていますが、相変わらずフィルムカメラも根強い人気を持っています。それぞれにメリット・デメリットがありますので、これを把握した上でどちらかを選ぶ、あるいは使い分けて行きましょう。




フィルムカメラならではの高画質

現在では、デジタルカメラの画質も向上していますが、やはりフィルムカメラの再現力にはまだ及びません。特に中判・大判フィルムを利用して撮影した場合、そのクオリティはとてもデジタルカメラでは表現することができないものです。 しかし、撮影した写真をその場で確認することはできません。実際に現像してみるまではどのような写真が撮れているのかを知ることはできません。 また、白黒写真であれば比較的簡単に自分で現像することができますが、カラーとなるとやはりプロに頼ることになってしまいますのでコストがかかってしまいます。 趣味として頻繁に撮影するとなると、かなりの枚数になるかと思いますのでフィルム代、現像代だけでも結構な額になってしまうというデメリットを持っています。 しかし、その分1枚1枚を集中して撮影することになりますので、より緊張感を持って楽しむことができるでしょう。
フィルムカメラの魅力←実際にフィルムカメラで撮影した画像をダウンロードできます。

デジタルカメラならではの便利さ

フィルムカメラのデメリットをほぼすべてカバーすることができるのがデジタルカメラです。撮影した写真をその場で確認することができますので失敗も少なく、誰でも簡単に想い通りの撮影を楽しむことができるでしょう。 また、液晶モニターを見ながら撮影することになりますので、構図やフォーカスを撮影前にしっかりと確認することができます。これだけでも撮影に失敗してしまうリスクを大幅に減らすことができるでしょう。 家にパソコンやプリンターがあれば、好きな写真だけを選んでいつでも好きなだけ印刷することもできてしまいます。

デジタルカメラとフィルムカメラはこのような違いを持っています。一概にどちらが優れているとはいえませんので、好みや場面によって使い分けることができれば、もっと写真撮影を楽しむことができるようになるのではないでしょうか。

注目記事

  • ちょっと遊び心を持ったトイカメラ。プラスティックのボディのチープなトイカメラが近年、密かに人気を集めています…

    魅惑のトイカメラ

  • プロ向けのカメラのデジタル一眼レフ。特殊な技術を必要としませんので初心者でも難なく使いこなすことができるようになって…

    誰でも使えるデジタル一眼

  • カメラの世界で、現在主流となっているのがコンパクトデジタルカメラ、通称コンデジです。カメラの世界で、現在主流となってい.…

    コンデジの魅力