誰でも使えるデジタル一眼

現在、デジタルカメラの主力となっているのはコンパクトデジタルカメラです。しかし、趣味として本格的な撮影を楽しみたいのであればやはり一眼レフが欲しくなってしまうのではないでしょうか。

コンパクトデジタルカメラがエントリーユーザー向けのカメラだとすれば、デジタル一眼レフはカメラを趣味としている人やプロ向けのカメラという立ち位置になります。 しかし、最近では低価格化も進んできたため、比較的簡単に手を出すことができるようになっています。また、デジタルの場合はフィルムに比べて特殊な技術を必要としませんので初心者でも難なく使いこなすことができるようになっています。 デジタル一眼の世界でもエントリーモデルが増えてきていますので、ここから本格的なカメラという趣味をスタートしてみてはいかがでしょう?

価格.com - デジタル一眼カメラ 人気売れ筋ランキング

デジタル一眼の魅力

最大の魅力は大型レンズと大型センサーの組み合わせによるハイクオリティな写真の撮影でしょう。コンデジからデジタル一眼に持ち替えて出来上がった写真を見比べてみると、その違いに驚いてしまうはずです。 特に、室内などの暗所での撮影では大きな差が出てきます。 また、レンズが明るいことによって、シャッタースピードをより速くすることができますので、動く被写体もブレることなくシャープに撮影することができるでしょう。

エントリーモデルなら

デジタル一眼というと、ちょっと操作が難しそうなイメージが持たれがちです。しかし、エントリーモデルには、操作アシストしてくれる機能を搭載したものも多くなっています。たとえば、撮影シーンを選ぶことによってその場面に最適なセッティングをしてくれたり、センサーが外の明るさや被写体の大きさや位置を感知して自動で最適な設定をしてくれるタイプのモデルもあります。 もちろんすべて手動で設定することもできますので、実際に撮影を楽しみながら技術や知識を身に着けて行くことができるでしょう。

サイズもコンパクトに

かつて、一眼といえばかなり大型のものがほとんどでした。しかし、最近では技術が進んだことによってかなり小型のものも登場しています。 この大きさがネックで一眼レフを敬遠していた方でも、小型なモデルを選べば違和感なくコンデジから持ち替えることもできるでしょう。

デジタル化したことによって一眼レフは誰でも手軽に手を出すことのできるカメラとなりました。 もちろん、プロ並みの撮影だってできてしまいますので、カメラを趣味とするのであれば、一台はデジタル一眼は持っておきたいカメラの一つです。

注目記事

  • ちょっと遊び心を持ったトイカメラ。プラスティックのボディのチープなトイカメラが近年、密かに人気を集めています…

    魅惑のトイカメラ

  • プロ向けのカメラのデジタル一眼レフ。特殊な技術を必要としませんので初心者でも難なく使いこなすことができるようになって…

    誰でも使えるデジタル一眼

  • カメラの世界で、現在主流となっているのがコンパクトデジタルカメラ、通称コンデジです。カメラの世界で、現在主流となってい.…

    コンデジの魅力