デザインで選ぼう!スタイリッシュなカメラを紹介

カメラを選ぶ際、どのポイントを重視しますか?もちろん写真の撮影を目的とする機器ですので、撮影性能は重視すべきポイントでしょう。もう一つ忘れてはいけない要素がデザイン。ガジェットを末永く愛して大事にしていくために、そのデザインは重要です。カメラデザインのクールさは、写真への情熱に大きく影響するのです。いつも持ち歩きたくなるような愛着を持てるカメラであれば、撮影の頻度も自ずと増えるでしょう。今回はデザインの観点からオススメのカメラたちをいくつかご紹介します。

連れて歩きたい!キャラ物カメラ

カメラの中には、そのデザインにキャラクターがあしらわれているものがあります。まずご紹介するのが「ネコノデジタルカメラ」。一見ではとてもカメラとは思えませんが、れっきとしたデジタルカメラなのです。画素数は300万、動画撮影も可能でUSB端子もついているというちょっと馬鹿にできない性能です。写真を撮る予定がなくても、カバンにいつでも忍ばせて痛くなるような愛くるしさです。女性へのプレゼントはうってつけですね。

アニメが好きであれば「エヴァンゲリオン」ご存知でしょう。PENTAXのQ10シリーズではエヴァンゲリオン登場ロボットの各カラーをモチーフしたモデルがリリースされています。いかにも「キャラ物」という感じには見えない自然なデザインに仕上がっていますので、人前で取り出しても必要以上に目立つということはありません。カメラとしての性能も元々通常のデジカメとしてリリースされているモデルなので申し分ありません。

ライカの多彩なコラボレーション

ドイツの老舗カメラメーカー「ライカ」は、そのファッショナブルなデザインのカメラで人気です。加えて、近年は様々なコラボレーションモデルをリリースしています。

過去には、ポール・スミス、エルメス、モンクレールといった超有名ブランドがコラボレーションに参加しています。また、近年ではミュージシャンとのコラボレーションも展開しており、こうしたモデルはある種のファンアイテムとも言えます。

老舗カメラメーカーということで、カメラ性能に関しては申し分ないでしょう。難点は、こうしたコラボレーションモデルは通常、数量限定での生産となりますので気づいた時には販売終了しているということがままあります。オシャレなカメラ好きであれば、常にライカの情報はチェックしておいたほうがいいかもしれませんね。

インテリアとしても素敵なローライフレックス

近年のカメラデザインは近未来的でスタイリッシュな進化と遂げていますが、レトロなデザインのカメラも魅力的です。中でも愛好家たちの間で人気なのが「ローライフレックス」。そのデザインはまるでモノクロ映画に登場するカメラのようで、部屋に置いておくだけで雰囲気があります。

生産は終了していますので、中古カメラやインターネットオークションなどで入手するしかありません。最近ではローライフレックスを模したミニデジもリリースされていたようです。こちらであれば入手のハードルは低いかもしれません。

お気に入りのカメラで撮る写真は特別なものになってくるはずです。ファッション感覚で日によって持っていくカメラを変えるというのもいいかもしれません。ぜひとも、ずっと大切にしていけるカメラに出会って下さい。

注目記事

  • ちょっと遊び心を持ったトイカメラ。プラスティックのボディのチープなトイカメラが近年、密かに人気を集めています…

    魅惑のトイカメラ

  • プロ向けのカメラのデジタル一眼レフ。特殊な技術を必要としませんので初心者でも難なく使いこなすことができるようになって…

    誰でも使えるデジタル一眼

  • カメラの世界で、現在主流となっているのがコンパクトデジタルカメラ、通称コンデジです。カメラの世界で、現在主流となってい.…

    コンデジの魅力