モテる?急増するカメラ男子

人と人が親密になっていく過程で、趣味の話は必ずといっていいほど出てきます。「趣味は一眼レフで写真を撮ることです」と言われたらどんなイメージを持つでしょうか?実は、カメラという趣味はとても印象がよく「カメラ男子」「カメラ女子」は一種のステータスになっており、特に男性にとっては女性受けのいい趣味としても大人気です。もちろん写真自体に興味を持っていることは大前提になりますが、カメラを通じて出会いが増えていくのは当然悪いことではありません。機材などに初期投資が必要になることから、経済的に余裕のある中高年男性にうってつけの趣味と言えるでしょう。今回はそんな中高年男性がモテる「カメラ男子」になるためのハウトゥーを伝授していきます。

カメラ男子は出会いが多い?写真を始めるとモテる理由

さて、カメラ男子はなぜモテるのでしょうか。実はカメラを趣味にしている方の多くは女性です。コンデジの普及により、オシャレをする感覚でカメラを持つ女性が増えています。そこから、写真にハマっていき一眼レフを手にしたという女性も多いです。実際に街中でカメラを構えている女性を見かけたことがある方も少なくないのではないでしょうか。このように女性が多いコミュニティーに参加する男性はまだ少数派ではあります。つまり、このコミュニティーに飛び込んでしまえばこうした「カメラ女子」との出会いは多いということです。

対カメラ女子以外のケースを考えてみましょう。写真が趣味と聞いて一般的に女性が抱くイメージは「知的」、「芸術的」、シンプルに「カッコいい」感じる女性もいるかもしれません。悪いイメージを抱く女性はほぼいないと言っていいでしょう。女性にモデルを依頼して、交流のきっかけを作ることも出来ます。

カメラだけじゃダメ!モテるための基本的なこと

いくらカメラ男子が好印象といっても、カメラをぶら下げているだけで劇的にモテるほど甘くはありません。当然ですが、普段のオシャレにも気を使いましょう。「趣味:カメラ」は印象がいいと同時に、本人の見た目によってはオタク的印象を与えてしまう危険があります。

明らかに「モテるためにカメラを始めた」ということがわかってしまうのも論外です。写真、カメラに対しては博識である必要があります。当たり前ですが、少なくとも写真を常日頃から撮っていなくてはいけません。自分で撮った写真は用意しておきましょう。「趣味が高じてモテる」のと「モテるために趣味を始める」のは全く違います。もちろん、徹底できるならカメラ男子を演じることは悪いことではありませんが、裏付けが必要になります。

出会いもあり、印象もよく、コミュニケーション能力に問題さえなければ、意中の女性との大事な夜は自ずと訪れるでしょう。ここで気を抜けないのが、男性としてのパフォーマンスです。最後の最後で失敗しないためにバイアグラを用意しておきましょう。最近はジェネリック医薬品のリーズナブルなものがありますので、カメラに投資していた場合でも購入しやすくなっています。必ず信頼のおけるクリニックで処方してもらいましょう。

コスト面からいっても、カメラを始めることができるのは中高年の特権です。大人の魅力も加味すればカメラは強力な武器になります。ぜひ素敵なカメラ男子を目指してください。

注目記事

  • ちょっと遊び心を持ったトイカメラ。プラスティックのボディのチープなトイカメラが近年、密かに人気を集めています…

    魅惑のトイカメラ

  • プロ向けのカメラのデジタル一眼レフ。特殊な技術を必要としませんので初心者でも難なく使いこなすことができるようになって…

    誰でも使えるデジタル一眼

  • カメラの世界で、現在主流となっているのがコンパクトデジタルカメラ、通称コンデジです。カメラの世界で、現在主流となってい.…

    コンデジの魅力