カメラバッグはどれが良い?持ち歩き専用の鞄を検討する

カメラを持ち歩く場合、鞄に入れることも多いでしょう。ネックストラップを使って首にかけたまま移動する人もいますが、長時間の利用だと首を痛めてしまうので、移動中などは鞄に入れておくというのも、アクティブな撮影で必要なコツの1つです。

また、使用カメラがデジタル一眼レフと呼ばれる大型のカメラだと、交換用レンズのこともあり、収納面の考慮は大切です。今回はカメラを持ち歩く人ならぜひ利用を検討してもらいたい、カメラ向けのバッグについてご説明していきます。

カメラ用バッグは無難におすすめ!抜群の収納力であなたを助けます

カメラは精密機器なので、適当な鞄を使って持ち運ぶよりも、カメラに特化した鞄のほうがより安全かつ快適です。そこで、より相性に優れた鞄をネットで検索すると、実はたくさん出てくるのです。

こうしたカメラ用バッグというのは、特にデジタル一眼レフを利用しているならおすすめができます。というのも、交換用のレンズを複数持ち歩く人向けに、レンズ用の収納スペースが設けられていることが多いからです。

カメラを持ち運ぶ上でかさばるのは、実は本体よりもレンズであるといわれるように、レンズの持ち運びを意識したバッグというのは、全般的におすすめが可能でしょう。

小物入れとしても重宝!シザーバッグも相性がよいです

カメラ特化とはいいにくいかもしれませんが、シザーバッグと呼ばれている、カラビナなどをつけてベルトループにぶら下げる鞄もおすすめです。

こうした鞄は両手が塞がらない割に、ポケット感覚で動きを阻害しにくい上、収納力もなかなかのものです。サイズにもよりますが、コンデジなら楽に入りますし、レンズなどの小物も一緒に持ち歩けるタイプもあるでしょう。

素早く取り出せるのも魅力ではありますが、あまりにも重いものを入れた場合、ズボンが下がってしまうので注意してください。基本的に、リュックなどのメインバッグの補助として使うとより便利でしょう。

コンデジならではのサイズを生かせるケースに注目!

もしも使うカメラがコンデジなら、よりアクティブに持ち歩くために、腰につけられるポーチを利用してみましょう。ベルトを通せるタイプの場合、より安定した位置に固定することができるので、傷防止の面でもおすすめです。

こうしたタイプの場合、コンデジの利点である『取り出してすぐに撮影できる』という手軽さが、さらに活かせますね。リュックなどの鞄に入れっぱなしの場合、「出すのが面倒だから・・・」と撮影にも無精になってしまいます。

ですが腰のポーチにしっかりコンデジが収まっている場合、取り出しも簡単ですし、すぐに撮影できるのでチャンスを無駄にしません。小さく、コンデジにぴったりなサイズであるほど動きも邪魔しませんから、できれば実物をみてから購入したいところです。

基本は『運びやすく取り出しやすい』で選びましょう

今回紹介した鞄以外にも、『バッグに入れたまま撮影ができるカメラ』という面白い製品もあり、鞄選びの段階から撮影の快適さに関わっているといえるでしょう。

とはいえ、カメラを入れる鞄の基本は、『安全に運びやすく、撮影の際に取り出しやすい』というのが大事です。カメラ専用でなくとも該当するバッグもあるので、身近なものから色々みていってくださいね。

注目記事

  • ちょっと遊び心を持ったトイカメラ。プラスティックのボディのチープなトイカメラが近年、密かに人気を集めています…

    魅惑のトイカメラ

  • プロ向けのカメラのデジタル一眼レフ。特殊な技術を必要としませんので初心者でも難なく使いこなすことができるようになって…

    誰でも使えるデジタル一眼

  • カメラの世界で、現在主流となっているのがコンパクトデジタルカメラ、通称コンデジです。カメラの世界で、現在主流となってい.…

    コンデジの魅力