カメラバッグを買って、カメラとお出かけしよう!

「カメラと一緒に街へ出かけよう!」「登山でも安全にカメラを持ち歩きたい」こんな方にはカメラバッグの購入をオススメします。とは言え、用途によって選ぶべき種類も違いますので、ご自身の撮影スタイルに最適なものをチョイスしてください。

バックパックリュック

一般的なリュックと同じような見た目ですが、カメラが収納できるような作りになっているのが特徴です。背負うことができますので、徒歩での移動や登山などの際に役立つことでしょう。ただし、背中に背負っていますので、カメラやアクセサリーをさっと取り出すことが出来ないのがデメリットです。

サイズは大中小さまざま。小型のものはカメラの他にレンズやアクセサリーを収納する程度の容量しかありません。中型以上になると旅行の荷物も入ります。それぞれの用途に合わせて選ぶようにしましょう。

スリングバッグ

見た目はバックパックリュックと同じですが、ショルダー部分がたすきのように斜めがけすることができるので、カメラを取り出す時にはくるっと回すことができます。頻繁に荷物を取り出す方には最適と言えるでしょう。

小型のものを選べば、徒歩以外にも自転車などのシーンで利用が可能。大きさもさまざまですので、ご自身の撮影スタイルに合わせてチョイスしてください。

ショルダーバッグ

カメラバッグの中でもっとも普及しているショルダーバッグ。初心者の方でもひとつは持っておきたいアイテムです。取り出しやすさと携帯性が特徴なので、ちょっとした街歩きの際に重宝するでしょう。

カメラ専門店だけでなく、一般的な家電量販店でも購入することができます。デザインやカラーバリエーションも豊富。オシャレにカメラを楽しみたい方にぴったりです。

トップローディングスタイル

トップローディングスタイルのカメラバッグは、容量は小さいですが取り出しやすさが最大のウリです。クライミングやハードな登山、バイクツーリングなどで撮影を行う方に最適と言えるでしょう。

カメラは縦方向に収納されます。モデルにもよりますが、一般的にはショルダータイプかウェストバッグといった形状が多いです。

ウェストバッグ

腰に装着することで両手が空き、撮影をしたいと思った時にすぐ取り出せるのが特徴です。ハイキングやツーリングなどで利用する方が多いでしょう。容量自体はそこまで大きくありませんので、カメラ本体+交換レンズ1本程度を入れてお出かけするようなスタイルに適しています。

カメラポーチ

本来はコンパクトデジタルカメラを入れる用途で販売されていますが、最近の小型ミラーレス一眼などでもものによっては利用が可能でしょう。デザインもスタイリッシュなものが多いので、オシャレにカメラを持ち歩きたいというライトユーザーにオススメです。

キャリーバッグタイプ

撮影道具一式をすべて収納できるような大容量が特徴のキャリーバッグタイプ。長期の撮影旅行やプロカメラマンの方などに愛用者が多いです。ある程度高価にはなりますが、本格的な撮影を行う場合には必要となるでしょう。見た目は一般的なキャリーバッグですが、カメラやレンズ、アクセサリーをしっかり収納できるようデザインされている点がウリです。

注目記事

  • ちょっと遊び心を持ったトイカメラ。プラスティックのボディのチープなトイカメラが近年、密かに人気を集めています…

    魅惑のトイカメラ

  • プロ向けのカメラのデジタル一眼レフ。特殊な技術を必要としませんので初心者でも難なく使いこなすことができるようになって…

    誰でも使えるデジタル一眼

  • カメラの世界で、現在主流となっているのがコンパクトデジタルカメラ、通称コンデジです。カメラの世界で、現在主流となってい.…

    コンデジの魅力