カメラにお任せ!今日から綺麗な写真が撮れるようになるオートモードとは?

デジタルな機能が満載となった現代のカメラでは、撮影時の設定もこだわり抜いて、その都度細かく切り替えているという人も多いでしょう。ですが、さまざまな設定ができるようになったということは、それだけ複雑な操作も要求されることがあります。

そうなると、カメラ初心者はどうすればよいのかわかりにくいですし、「気軽に撮影したい…」と思う人からすると面倒ですよね。そんな場合におすすめの撮影モードがありますので、カメラの設定に苦手意識がある人は、特にチェックしておきましょう。

オートモードが優秀なカメラをチョイスしよう!

カメラの設定は『シーン毎に最適なモードに切り替え』たり、『絞りなどを細かく指定』したりすることで、納得がいく写真が撮りやすくなります。でも、撮影のたびにそれを設定するというのは面倒ですよね?

また、シャッター以外はどこを押せばよいかわからないという人も含めて、手軽に最適な写真を撮りたいのなら、『オートモード』が搭載されたカメラをチョイスしましょう。

例えばパナソニックが手がける『LUMIX』シリーズには、ヴィーナスエンジンと呼ばれるソフトが内蔵されており、『インテリジェンスモード』を選択しておけば、カメラ本体が賢く判断して写真を綺麗に仕上げてくれるのです。

夜景や逆光などを撮影する場合も安心です!

オートモードが優れたカメラの場合、補正が優秀というだけではありません。例えば、本来は細かく設定しないと撮影しにくい夜景や逆光時の撮影の場合でも、カメラ側が自動的にシーンの判断をしてくれます。

1つのモードで全ての状況に対応できるというのは、かなりの利点です。設定を切り替えているうちにベストタイミングをスルーしてしまうこともあると考えれば、素早い撮影にも最適だといえるでしょう。

補正は不要?批判的な意見と現実について

ただし、こうした自動補正に対して批判的な意見があるのも事実です。そういう意見を述べる方は「余計な補正のせいで自然味を感じられなくなった」という内容が多く、確かにそれは『今みている景色』を残すカメラにとっては、マイナス点にもなるでしょう。

ただし、大事なのは撮影後の写真をみて、自分自身がどう思うかです。仕事なら相手の好みに任せる必要がありますが、プライベートで撮影を行う場合、自分がよいと思えなければ無意味だと思いませんか?

写真撮影に慣れた人の意見は確かに参考になるのですが、まずは自分自身で仕上がりを確かめて、満足できるかどうかを確認してみましょう。

慣れないうちはカメラ任せで撮ってみよう

カメラを趣味に使うなら、なにはともあれ楽しむことが大切です。「綺麗な写真を撮らなきゃ…そのために面倒な設定も覚えなきゃ…」なんて嫌々撮影をしていると、そのうちカメラを触ること自体をやめてしまいかねません。

そういう意味では、オートモードが搭載されたカメラというのは、常に最適だと思われる写真を作り上げてくれますので、撮影を手軽に楽しむには最適な入門機といえましょう。

撮影の仕上がりをみて、もっとこうしたいと思えば細かく設定をいじればよいのですから、カメラに不慣れなうちは無理をせずに、オートモードでしっかりと楽しんで思い出を残していくべきです。

注目記事

  • ちょっと遊び心を持ったトイカメラ。プラスティックのボディのチープなトイカメラが近年、密かに人気を集めています…

    魅惑のトイカメラ

  • プロ向けのカメラのデジタル一眼レフ。特殊な技術を必要としませんので初心者でも難なく使いこなすことができるようになって…

    誰でも使えるデジタル一眼

  • カメラの世界で、現在主流となっているのがコンパクトデジタルカメラ、通称コンデジです。カメラの世界で、現在主流となってい.…

    コンデジの魅力